西海物語 ~海で繋がり交流してきた歴史を訪ねる~

投稿日: カテゴリー: CULTUREEXPLORATIONLIFESPIRITzone12

西海物語 ~海で繋がり交流してきた歴史を訪ねる~

人類が誕生するはるか前の大自然の営みと、海の民がはじめて島や沿岸に上陸し暮らし始めた太古の物語がここにある。人、物、技、信仰など世界と交流した最初の地である日本の西の海舞台で、彩り豊かな暮らしに出会う2泊3日の旅。
1日目は、独自の文化を育んだ「港まち佐世保」を堪能し、大自然に囲まれた「山暖簾」で長旅の疲れを癒す。
2日目は、平戸往還の宿場町としての歴史を持つ「江迎町」をまち歩き。その後、Aプランは長崎にゆかりの深いオランダの街並みを再現した「ハウステンボス」に魅了される。最終日は、世界一の名声を得た「三川内」で巧みの技を感じる。Bプランは、懐かしい日本の原風景「小値賀」に移動し、築100年以上の古民家でゆったりと過ごす。最終日、島内の景勝地や歴史のポイントを巡る。

SASEBO港まち歩き

明治時代に海軍さんが開いた佐世保港から吹いてくる海風を感じることのできるまち歩き。ガイドと一緒に歩けば、まちを見おろす坂道に、川沿いの公園に、商店街の路地裏に、楽しい出会いと発見があなたを待っています。

江迎まち歩き

平戸往還の宿場町としての歴史を持つ江迎町。平戸藩主が参勤交代などの際に休泊した本陣屋敷や調度品が、当時のままの姿で現存し、一般公開されています。

 

三川内焼 七人唐子

平戸藩窯からの400年の技を受け継ぐ「三川内焼」。三川内焼きの特徴は、白磁に呉須(ごす)と呼ばれる藍色の染料で、美しく繊細な絵付けを施す技法です。代表的な物は、「唐子絵」、唐子の人数によって用途は様々で藩主の贈答や、献上品として製作されました。現在も、三川内皿山一帯には多くの窯元があり、伝統的な工芸品を守り続けています。

小値賀島

長崎県 五島列島の北端に浮かぶ、小さな島です。その雄大で美しい独特の景観、海岸美から島全体が西海国立公園に指定されています。
プラン内容
場所(集合場所) JR佐世保駅構内 佐世保観光情報センター
設定期間 要相談
設定除外日 要相談
時間 2泊3日
設定人員 要相談
最少催行人員 2名
料金 事前にお問い合わせください。
予約先 佐世保観光コンベンション協会 0956-23-3369
申込み受付締切り 14日前
取消料・違約料 10日目にあたる日以降の解除-20%、7日目にあたる日以降の解除-30%
前日の解除-40%、当日の解除-50%、無連絡不参加-100%
特典等 なし
料金に含まれるもの 滞在コンテンツ代・現地交通費代・ガイド料・食事代・入場料・保険料含む
参加条件
年齢等 制限なし
天候等 警報等の発表される悪天候の場合中止
その他 3日目Aプラン、Bプランからお選びください。
行程等
(1日目)佐世保駅---SASEBOクルーズバス“海風” or SASEBO港まち歩き---山暖簾(夕・朝食&温泉付き)

(2日目)山暖簾---江迎まち歩き①---桜屋旅館(昼食)---江迎まち歩き②---
Aプラン:ハウステンボス---ホテルオークラJRハウステンボス(夕食&入浴付き)
Bプラン:佐世保港---小値賀港---寿し平六(夕食)---古民家 鮑集

(3日目)Aプラン:ホテルオークラJRハウステンボス---三川内焼伝統産業会館---三川内皿山歩き---泰平や or 時代屋(昼食)---ハウステンボス駅
Bプラン:古民家 鮑集(朝食)---小値賀島ガイドツアー---古民家レストラン 藤松(昼食)---小値賀港---佐世保港---佐世保駅

その他注意事項